振り飛車党!美濃囲い派!

将棋ウォーズの実践から、定跡や好手をアップしていきます。戦型は三間飛車と四間飛車がメインです!

振り飛車VS右四間飛車~と金の追撃で勝負あり!~

 こんにちは。「みのくま」です。振り飛車の右四間飛車シリーズですが、本局に関しては、このエントリーで最終回となります。
 振り飛車のカウンターが決まり、更に追撃です。と金攻撃です!
 それでは、よろしくお願いします。


前々回の記事(初手からの齣組み)

前回の記事(振り飛車の反撃)


将棋ウォーズ・10分切れ負け(先手番)
戦型:自分 四間飛車(美濃囲い)
   相手 右四間飛車(舟囲い)

※相手の方のIDは見えないように編集してます。


前回の最終図
f:id:akakuma4190:20210404174244j:plain
 振り飛車側が反撃に出た局面です。

ここから
△8二飛→▲5二銀成り
と進み図1の局面になりました。


図1
f:id:akakuma4190:20210409210043j:plain
 相手の方はどう対応してくるでしょうか?△5二同金?△5二同玉?どちらにしても、次の狙いは▲6三歩成りです。


図2
f:id:akakuma4190:20210409210055j:plain
 相手の方は△5二同金としてきました。


図3
f:id:akakuma4190:20210409210115j:plain
 ▲6三歩成り。狙いの1手が実現しました。△6三同金には、▲6三飛成りとして龍を作れます♪△5一金と逃げたら、▲5三角成りとして馬を作れます。
 ここまで来ると、形勢が良くなってることを確信できますね♪

 この後は、私が一方的に攻める展開になってしまったので、この辺りで終了にしたいと思います。


●玉の位置

 相手の方は、右四間飛車から積極的に仕掛けてきました。それはそれで良いのですが、いかんせん玉の位置が悪過ぎましたね。
 6筋で戦いが起こってるのに対して、玉が4筋にいました。戦いの流れ弾が玉を直撃します。それに対して私の玉は2筋にいます。6筋で戦いが起こっても、すぐに玉が危ない目に合うことはありません。
 相手の方は、せめて玉を3筋まで移動させてから、仕掛けるべきだったと思います。


将棋のヒットブログはこちら♪
にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村

趣味の大人気ブログ♪
にほんブログ村 その他趣味ブログへ
にほんブログ村

振り飛車VS右四間飛車~四間飛車での受けから反撃へ~

 こんにちは。「みのくま」です。何回かお伝えしてますが、またも右四間飛車への備えをお送りします。
 四間飛車に振って、美濃囲いに囲う!毎度のパターンですが、最後まで同じ局面ということはありません。必ず変化が生じます。いろんな変化を紹介できればと思ってるので、対右四間飛車は何度でもご紹介したいと思ってます。
 それでは、よろしくお願いします。


将棋ウォーズ・10分切れ負け(先手番)
戦型:自分 四間飛車(美濃囲い)
   相手 右四間飛車(舟囲い)

※相手の方のIDは見えないように編集してます。


前回の最終図
f:id:akakuma4190:20210402200106j:plain
 相手の方が△8五桂として、仕掛けてきた局面です。角取りなので、角を逃がしたいところですが…

ここから
▲8六角→△6五歩
と進み図1の局面になりました。


図1
f:id:akakuma4190:20210404161847j:plain
 △6五歩!右四間飛車お馴染みの仕掛けですね。無視はできないので、歩で取るか?銀で取るか?悩ましいですが…


図2
f:id:akakuma4190:20210404172544j:plain
 ここは銀で取る方が良いと思います♪5八にいる金が6九にいる場合…つまり片美濃囲いの時は歩で取り、それ以外の場合は銀で取るのが良いようです。
 特に高美濃囲いまで組んでる場合は、銀交換から技をかけるチャンスが発生するので、銀で取るのが定跡となってますね♪

ここから
△6五同銀→▲同歩→△9九角成り
と進み図3の局面になりました。


図3
f:id:akakuma4190:20210404172827j:plain
 馬を作られてしまいましたが、あらかじめ▲9八香と上がってるため、香車を取られずに済みました♪
 相手の方は角を成ってきましたが、ここでは△7七銀と打つ手がありますね。

△7七銀→▲同桂→△同桂成り
と進みます。銀桂交換になるので、右四間飛車側が駒損をしますが、8五にいる桂馬が捌けて、最後は飛車取りに当たります。

 取り敢えず攻めが途切れたので反撃体勢を整えましょう!


図4f:id:akakuma4190:20210404173745j:plain
 ▲6四歩と伸ばし、相手の飛車先を押さえにいきます。次の狙いは▲6三銀と打ち込む手です。
 ここでは▲6四角と出て、▲9一角成りを狙う手もあります。右四間飛車が馬を作っただけなのに対して、振り飛車は香車を取りながら馬を作れます♪


図5
f:id:akakuma4190:20210404174228j:plain
 相手の方は△8九馬と桂馬をとってきました。これで振り飛車の桂損ですね。


図6
f:id:akakuma4190:20210404174244j:plain
 ここで反撃の1手です。▲6三銀!△6三同金なら▲6三同歩成りとして、と金を作れます♪


●ここまでの形勢判断

 桂損をしてますが、と金を作れそうなので、駒割りは互角かなと。
 駒の働きは、右四間飛車側は馬を作ってますが、桂馬を取った際に8九に移動してます。取り敢えず△5五馬と引かれるてはなさそうです。
 美濃囲いを使う振り飛車党ならわかると思いますが、5五馬とか5四馬と引かれるとイヤですよね~
 玉の堅さについては振り飛車が良いですね。戦場からの距離という点でも、玉の安全度に差があります。



将棋のヒットブログはこちら♪
にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村

趣味の大人気ブログ♪
にほんブログ村 その他趣味ブログへ
にほんブログ村

振り飛車VS右四間飛車 ~四間飛車に構え、美濃囲いに囲う~

 こんにちは。「みのくま」です。何回かお伝えしてますが、またも右四間飛車への備えをお送りします。
 四間飛車に振って、美濃囲いに囲う!毎度のパターンですが、最後まで同じ局面ということはありません。必ず変化が生じます。いろんな変化を紹介できればと思ってるので、対右四間飛車は何度でもご紹介したいと思ってます。
 それでは、よろしくお願いします。


将棋ウォーズ・10分切れ負け(先手番)
戦型:自分 四間飛車(美濃囲い)
   相手 右四間飛車(舟囲い)

※相手の方のIDは見えないように編集してます。


対局開始!
f:id:akakuma4190:20210402171139j:plain
私の先手番ということで
▲7六歩→△3四歩
→▲6六歩→△6二銀
→▲6八飛→△6四歩
→▲7八銀→△6三銀
→▲6七銀→△5四銀
→▲7七角→△9四歩
→▲5六銀→△6二飛
と進み図1の局面になりました。


図1
f:id:akakuma4190:20210402171233j:plain
 相手の方は右四間飛車です。振り飛車党の私は、定跡通り四間飛車に振って迎え撃ちます。

【戦いが起こる筋に飛車を振る】

振り飛車の鉄則ですね!左辺の駒組みは、あと1手で完成です。


図2
f:id:akakuma4190:20210402194100j:plain
 ▲9八香。振り飛車独特の手ですね。居飛車には、あまり見られない手だと思います。
 振り飛車で右四間飛車を相手にする場合、9九に角が成られてしまう可能性が高いです。角が成られた時、香車を取られないために、あらかじめ香車を逃げておきます。
 左辺の駒組みは終わったので、玉の整備にかかりたいところ。振り飛車定番の美濃囲いに組んでいきます♪

ここから
△7四歩→▲4八玉
→△7三桂→▲3八玉
→△4二玉→▲2八玉
→△5二金→▲3八銀
→△8四歩→▲1六歩
と進み図3の局面になりました。


図3
f:id:akakuma4190:20210402194442j:plain
 まずは片美濃が完成しました。これで、いつ仕掛けられてもオッケーです♪

ここから
△1四歩→▲5八金
と進み図4の局面になりました。


図4
f:id:akakuma4190:20210402200041j:plain
 相手の方が仕掛けて来ないので、本美濃に組みました。ここまで来たら、右四間飛車からの仕掛けを待つだけです。仕掛けて来なければ、高美濃に組む予定です。
 さあ!相手の方はどう来るでしょうか?


図5
f:id:akakuma4190:20210402200106j:plain
 △8五桂!いよいよ仕掛けてきましたね。右四間飛車の定跡通りの仕掛けです。いよいよ開戦ですね。
 本格的な戦いが始まりますが、その辺りは次回のエントリーで!


●美濃囲いのメリット

 相手の右四間飛車に対して、四間飛車に構え、振り飛車の定番とも言える美濃囲いに囲いました。美濃囲いは、短手数で組み上がるのが長所と言えると思います。
 もう1つの長所は囲いが進化するということですね♪

片美濃囲い→本美濃囲い
→高美濃囲い→銀冠→銀冠穴熊

と進化して、玉を堅くすることができます。私の場合は、高美濃囲いで止まることが多いですかね~
 銀冠は好きな囲いですが、使いこなすのが難しいです。銀冠穴熊になると、ほぼ未知の世界ですね。穴熊戦は特殊なので、まだ手をつけてないです。いずれは使いこなせるようになりたいですね~


将棋のヒットブログはこちら♪
にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村

趣味の大人気ブログ♪
にほんブログ村 その他趣味ブログへ
にほんブログ村